【Zabbix】Zabbix AgentをCentOS 7へインストール

今回はZabbix Agentのインストールについて説明をしていきます。

大まかな流れ
  • Zabbix Agentのインストール
  • 設定ファイルの編集
  • Zabbix サーバへ監視登録

以上2点になります。

では早速Zabbix Agentのインストールについて説明していきます。

環境

CentOSのバージョン

# cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)

Zabbix エージェントのインストール

# yum install zabbix-agent
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
base                                                                                    | 3.6 kB  00:00:00     
extras                                                                                  | 2.9 kB  00:00:00     
updates                                                                                 | 2.9 kB  00:00:00     
zabbix                                                                                  | 2.9 kB  00:00:00     
zabbix-non-supported                                                                    |  951 B  00:00:00     
updates/7/x86_64/primary_db                                                             | 168 kB  00:00:01     
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix-agent.x86_64 0:4.0.20-1.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

=============================================================================================================== Package                      アーキテクチャー       バージョン                   リポジトリー            容量
===============================================================================================================インストール中:
 zabbix-agent                 x86_64                 4.0.20-1.el7                 zabbix                 423 k

トランザクションの要約
===============================================================================================================インストール  1 パッケージ

総ダウンロード容量: 423 k
インストール容量: 1.6 M
Is this ok [y/d/N]: 
Exiting on user command
Your transaction was saved, rerun it with:
 yum load-transaction /tmp/yum_save_tx.2020-05-03.16-42.lNJHjm.yumtx

設定ファイルの編集

設定ファイル(zabbix_agentd.conf)のバックアップ
# mkdir /tmp/zabbix
# cp /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf /tmp/zabbix/zabbix_agentd.conf
設定ファイルの編集
# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
変更点
  • Server=”Zabbix ServerのIPアドレス”
  • ServerActive=”Zabbix ServerのIPアドレス”
  • Hostname=”Zabbix Serverのコンソールに登録する名称”
# Server=127.0.0.1
Server=192.168.1.5

# ServerActive=
ServerActive=192.168.1.5

# Hostname=Zabbix server
Hostname=zabbix agent
設定変更点の確認
# diff /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf /tmp/zabbix/zabbix_agentd.conf 
98,99c98
< # Server=127.0.0.1
< Server=192.168.1.5
---
> Server=127.0.0.1
139c138,139
< ServerActive=192.168.1.5
---
> 
> ServerActive=127.0.0.1
150,151c150
< # Hostname=Zabbix server
< Hostname=Zabbix agent
---
> Hostname=Zabbix server
zabbix-agentサービスの起動とサービス自動起動有効化
# systemctl start zabbix-agent
# systemctl enable zabbix-agent
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/zabbix-agent.service to /usr/lib/systemd/system/zabbix-agent.service.

以上でZabbix Agentのインストールへ終了でお疲れさまでした(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA