TECH Zabbix

Zabbix 6.4 がリリース!AWS用のテンプレートが用意されたと聞いたので試してみる!

お疲れ様です。satimoです。

Zabbix6.4がインストールされたので

Zabbix 6.4がリリース!

What’s new in Zabbix 6.4

https://www.zabbix.com/whats_new_6_4?utm_source=Zabbix+email+subscriptions&utm_campaign=177c3560c4-Zabbix+Newsletter&utm_medium=email&utm_term=0_45f3240c47-177c3560c4-373058453&mc_cid=177c3560c4&mc_eid=23745f695a

個人的に注目なアップデート内容

Additional templates and integrations

Instant propagation of configuration changes

Zabbix 6.4 comes pre-packaged with many new templates for the most popular vendors and cloud providers:

Microsoft Azure MySQL servers

Microsoft Azure PostgreSQL servers

Microsoft Azure virtual machines

Low-level discovery improvements in AWS by HTTP template

Veeam Backup Enterprise Manager

Veeam Backup and Replication

Cisco Nexus 9000 Series

BMC Control-M

Cisco Meraki dashboard

OS processes by Zabbix agent

Improvements to filesystem discovery in official Zabbix OS templates

Zabbix 6.4 introduces a webhook integration for the Line messaging app allowing for Zabbix events to be forwarded to the Line messenger.

引用元:https://www.zabbix.com/whats_new_6_4?utm_source=Zabbix+email+subscriptions&utm_campaign=177c3560c4-Zabbix+Newsletter&utm_medium=email&utm_term=0_45f3240c47-177c3560c4-373058453&mc_cid=177c3560c4&mc_eid=23745f695a#jit

Zabbix6.4をインストール環境

メモ

  • OS :AlmaLinux 6.8
  • Zabbix Version:Zabbix6.4
  • DataBase:MySQL
  • Webサーバー:Apache

Alma Linuxのインストールはこちらの記事で紹介している方法でインストール

Zabbix 6.4 のインストール

cat /etc/redhat-release

Zabbixリポジトリのインストール

インストールはZabbix社のドキュメントを見ながら行っていきます。

公式サイトはこちら↓

公式サイト:https://www.zabbix.com/download

Zabbixリポジトリをインストール

Zabbixのリポジトリの登録を行います。

rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/6.4/rhel/8/x86_64/zabbix-release-6.4-1.el8.noarch.rpm
dnf clean all

PHPのDNFモジュールのバージョンを切り替える

これまでなかった手順が追加されていました。

dnf module switch-to php:7.4 -y

Zabbix サーバー、フロントエンド、エージェントのインストール

※公式記載の内容に加えて『zabbix-web-japanese』と『mysql-server』をインストールしています

dnf install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-apache-conf zabbix-sql-scripts zabbix-selinux-policy zabbix-agent mysql-server zabbix-web-japanese -y

初期データベースの作成

systemctl start mysqld
systemctl enable mysqld

MySQLのrootにパスワードを設定する

mysql_secure_installation

Zabbix サーバーのデータベースを構成する

mysql -uroot -p
<password>
mysql> create database zabbix character set utf8mb4 collate utf8mb4_bin;
mysql> create user zabbix@localhost identified by 'password';
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost;
mysql> set global log_bin_trust_function_creators = 1;
mysql> quit;

zcat /usr/share/zabbix-sql-scripts/mysql/server.sql.gz | mysql --default-character-set=utf8mb4 -uzabbix -p zabbix

データベース スキーマをインポートした後、log_bin_trust_function_creators オプションを無効にします。

mysql -uroot -p
<password>

mysql> set global log_bin_trust_function_creators = 0;
mysql> quit;

vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=password

Zabbix サーバーとエージェントのプロセスを開始する

systemctl restart zabbix-server zabbix-agent httpd php-fpm
systemctl enable zabbix-server zabbix-agent httpd php-fpm

Zabbix UI Web ページを開く

firewall-cmd --add-port=10051/tcp --zone=public --permanent

firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
firewall-cmd --reload

今回私が構築したZabbixサーバのIPアドレスは192.168.0.21になりますので

http://192.168.0.21/zabbix/

へ接続を行います。(皆さんの環境に合わせてIPアドレスの値は変更して読んでください。)

-TECH, Zabbix