失敗しないインフラエンジニアの勉強方法【サーバーエンジニア】

お疲れ様です。satimoです。

サーバーエンジニアを目指しているんだけどどんな知識が必要なんだろう?

どんな勉強方法が一番効率が良いんだろう?

そんな疑問についてITエンジニア歴10年のsatimoが説明していきます。

ITの業界は進みが早いです。

そのため、ITエンジニアは常に新しい技術を学んでいく必要があります。

ただ、これからサーバーエンジニアを目指す人はまず下地を作る必要があります。

今回はそんな人向けに記事を書いてみます。

1番おすすめ:環境を構築してみる

お手軽な方法として自宅にすぐに触れる環境を用意する方法があります。

一番おすすめする理由としては、手を動かしてごねごねことができる環境が手元にあることになります。

環境構築する際の順番は下の感じです。

  • インフラ環境を構築する
  • 構築するサーバーを決める
  • 実際にサーバーを構築する
  • 構築する際に不明点は本やインターネットで調べる
  • 構築する環境をアウトプットする
  • 使ったサーバーを実際に触ってみる

デメリットとしては

資格を取ってみる

資格について必要か否か色々言われますが、私は必要だと思っています。

資格は名刺になります。資格=技術力を持っているとは思っていませんが、資格を取れるだけの知識や、勉強する意欲がある人なんだなとの印象を持ちます。

今回は勉強方法なので、細かいことは割愛しますが、資格を取ってみるということは、
目標を持つことができます。

これが一番大事です!

独学で勉強をする際の一番きついことは、目標が明確にできず何となくやってしまう。

ということだと思っています。

初心者が目指すサーバーの資格について

Windowsの資格について

Linuxの資格について

SNSの活用

セキュリティの勉強方法1:本で勉強

セキュリティの勉強方法2:Webサイトの利用

セキュリティの勉強方法3:セキュリティ関連の資格取得

セキュリティの勉強方法4:Webサイトの利用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA