Emotet感染チェックツール「EmoCheck」を実際に使ってみた

お疲れ様です。satimoです。

最近Emotet関連のニュースが多いですね。記事のタイトルにも書きましたが、Emotetの感染チェックツール「Emocheck」がJPCERTから公開されていますので実際につかってみました。

過去にEmotetに感染した端末に出くわした際の対応を方法を下の記事で公開していますので、興味ある方は是非ご覧ください。

EmoCheckの使い方

1)Emocheckが公開されているGitHubのURLへ接続します。(↓のリンクです。)

https://github.com/JPCERTCC/EmoCheck/releases

2)表示されたページからEmocheckをダウンロードします。

64bitのWindowsを利用している場合は『emocheck_x64.exe』

32bitのWindowsを利用している場合は『emocheck_x86.exe』のEmocheckをダウンロードします。

3)ファイルサイズもそこまで大きくないのですぐダウンロードできると思います。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし実行します。

4)コマンドプロンプト(黒い画面)が表示されます。

検知されなかった場合は数秒で結果が表示されます。

Enterなどをクリックして画面を終了します。

emochekを実行したフォルダに結果が記載されたテキストファイルが保存されています。

emocheckを使う際の注意事項

始めにも書きましたが、emocheckはあくまで『Emotetが端末に存在するかを確認するツールになります。

処理まで行ってくれるツールではないことにご注意ください。

Emotetは感染すると本当厄介です。暗号化されなかった場合も。。。(EMOTET(エモテット)に感染しました

Windows標準のWinodws Defenderやウイルスバスターといったウイルス対策は必ず行いましょう。

ウイルスバスター クラウド(最新)| 3年 3台版 | オンラインコード版 | Win/Mac/iOS/Android対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA