CentOSのセットアップ中に「One of the configured repositories failed (不明)」と表示される

お疲れ様です。satimoです。

CnetOS7のセットアップ中に「One of the configured repositories failed (不明)」
と表示されてセットアップが中断してしまったので対応方法を備忘録として残しておきます。

簡単に環境説明

インストールした際のバージョン:CentOS Linux release 7.6.1810

minimalでインストール

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)

【結論】名前解決できてなかった。。。

結論を言ってしまえばDNSの設定がされていませんでした。。。

参照するDNSサーバーの確認↓

# vi /etc/resolv.conf

結果がこちら

参照するDNSサーバーが指定されていません。

# Generated by NetworkManager
search local

参照するサーバーを明示的に追加

※下ではGoogleのDNSサーバーをしていますが、環境に合わせて適宜変更してください。

# Generated by NetworkManager
search local
nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4

設定後、名前解決ができているかを確認します。

適当なサイトへpingを実施します。
↓のような結果が返ってくればOKです。

# ping www.google.co.jp
PING www.google.co.jp (172.217.175.99) 56(84) bytes of data.
64 bytes from nrt20s21-in-f3.1e100.net (172.217.175.99): icmp_seq=1 ttl=114 time=9.40 ms
64 bytes from nrt20s21-in-f3.1e100.net (172.217.175.99): icmp_seq=2 ttl=114 time=10.2 ms

腑に落ちないこともありまして、今回2台のサーバのセットアップを行っていたのですが、インストール時のセットアップ内容は同じなのに、1台だけ今回の現象が出たんですよね。。

インストール作業は画面キャプチャを行いながら実施したので作業内容に違いはないですし、
ネットワーク周りも自動取得の設定になっていたのですが。。。

【参考】実際に表示された内容

yum updateをした際に表示された内容がこちらです。

# yum update
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
Could not retrieve mirrorlist http://mirrorlist.centos.org/?release=7&arch=x86_64&repo=os&infra=stock error was
14: curl#6 - "Could not resolve host: mirrorlist.centos.org; 不明なエラー"


 One of the configured repositories failed (不明),
 and yum doesn't have enough cached data to continue. At this point the only
 safe thing yum can do is fail. There are a few ways to work "fix" this:

     1. Contact the upstream for the repository and get them to fix the problem.

     2. Reconfigure the baseurl/etc. for the repository, to point to a working
        upstream. This is most often useful if you are using a newer
        distribution release than is supported by the repository (and the
        packages for the previous distribution release still work).

     3. Run the command with the repository temporarily disabled
            yum --disablerepo=<repoid> ...

     4. Disable the repository permanently, so yum won't use it by default. Yum
        will then just ignore the repository until you permanently enable it
        again or use --enablerepo for temporary usage:

            yum-config-manager --disable <repoid>
        or
            subscription-manager repos --disable=<repoid>

     5. Configure the failing repository to be skipped, if it is unavailable.
        Note that yum will try to contact the repo. when it runs most commands,
        so will have to try and fail each time (and thus. yum will be be much
        slower). If it is a very temporary problem though, this is often a nice
        compromise:

            yum-config-manager --save --setopt=<repoid>.skip_if_unavailable=true

Cannot find a valid baseurl for repo: base/7/x86_64

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA