未経験からAWSエンジニアになるには?勉強方法ややるべきことを紹介

この記事を読んでほしい人

  • AWSは触ったことない人
  • AWS関係の仕事に興味がある、どんな仕事を行っているか知りたい人
  • AWSの勉強をしようと思っているけど何から始めたらよいか悩んでいる人

AWSエンジニアの仕事内容について

 AWSエンジニアの仕事内容についてですが、大きくAWSの『設計・構築』『運用・監視』を2つに分かれます。初期導入に関わる部分と構築後の運用といった具合ですね。

AWSの設計・構築

設計・構築業務では利用者のやりたいことを確認(ヒアリング)して、AWSのサービスを利用して構築を行う。といった内容になります。
サーバやネットワークの設計・構築に関わったことがある人はイメージがしやすいかと思いますが、大きな違いとして、AWSではサーバはEC2、データベースはRDS、ネットワークはVPC、等々AWSのサービスとして提供されています。これらのサービスを組み合わせて可用性や拡張性を意識して構築を行っていくことになります。

AWSの運用・監視

運用・監視業務では、構築したAWSの環境を安定稼働させることを目的として行う業務になります。

具体的には、AWSのリソースが枯渇していることを監視で検知したら、枯渇しているリソースを増やしたり、もしくはサーバー自体を増やしたりする業務になります。
その他だと、AWSは関係ないですが、サーバのセキュリティパッチの適用とかですかね。

未経験者がAWSエンジニアになるための勉強方法

 よく資格取得をお勧めする記事がありますが、個人的にはまず手を動かして自分なりに理解して足りない部分を資格習得の勉強で補うことをお勧めします。
 理由としては、何も知らない人が資格取得の勉強を始めても知識が身につかないと思いますし、何よりつまらないと思うんですよね。

 資格取得は良いと思うけど、資格取得を目標にしてほしくない

なにはともあれAWSアカウントを作成して手を動かす

AWSの環境を触ったことが無い人はまず触ってみることをお勧めします。
AWSのアカウントを作ってしまえば基本1年間は無料で利用することが可能です。

AWS アカウントの作成方法:https://aws.amazon.com/jp/register-flow/

ブログ内でVPCやEC2の環境構築の説明をしていますので参考にしてもらえればと

他におすすめの教材としてはUdemyの教材をお勧めします。
※Udemyは結構頻繁にセールを行っているのでセール中の購入をお勧めします。
(だいたい90%オフの2,000円弱で購入可能です)

Udemyのおすすめ:これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座

試験対策の教材として出ていますが実際に手を動かしてAWSの環境構築を行うのでイメージがつかみやすいです。

本の場合ですが、初心者の方が手を動かす際におすすめできるものは正直無いです。。。

というのも、AWSの画面はよく変わってしまって本だとここにボタンがあるのに、実際にはないなんてことがよくあるんですよね。
ある程度触ってきた人であればこちらの本がお勧めです。

Amazon Web Services 定番業務システム14パターン 設計ガイド

名前の通りよくある構築パターンについて書かれていますので、一通り構築することで、AWSの知識が深まると思います。

サーバー(Linux、Windows)とネットワークの知識習得

サーバやネットワーク関連の仕事をしたことが無い人は”ある程度”の知識は必要になります。
この”ある程度”について具体的に説明していきます。

サーバー関連の知識習得

IPアドレスの設定や、Webサーバ、データベースのインストールや簡単な初期設定ができるようになることを目標にすると良いです。

LinuxであればLinux標準教科書というものが提供されているのでそちらに沿って勉強するのが王道です。

Linux標準教科書

ネットワークの知識習得

まず覚えるべきはIPアドレス、ネットワークアドレス、ルーティングこの3つを抑えればとりあえずAWS上の環境構築を行うことができるようになります。

次の段階でAWS環境と拠点側のつなぐためにVPN接続が必要になるのでルータの知識習得と進むと良いと思います。
ネットワークやってきた人は逆になりますかね。

普段業務で使っているサーバーが身近にある場合はそのサーバをAWS上に構築できるようになると良いと思います。

理想的な構成としてはデータベースのサーバからデータを読み書きしている環境があるとベストです。

LinuxやWindows

AWSの学習を進めていくと必ずサーバーレスという言葉が出てきますが、未経験者は一旦無視でOKです。まずは基本となるEC2やRDSを使った環境構築ができるようになることを目的としましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA