AlmaLinuxが今四半期リリース。CentOS8は2021/12/31終了に

お疲れ様です。satimoです。

あんまりニュースになった記事とか書かないのですが、気になったニュースがあったので書いてみまし。

CentOS8への移行を完了させた方には取っては「はぁ~?(*´Д`)」というニュースだったのではないでしょうか?(私もその一人です。。。)

CloudLinux、「CentOS」の代替OSは「AlmaLinux」–今四半期リリースへ

ご存じの方も多いかもしれませんが、2020年12月8日のCentOS公式ブログで「CentOS Project shifts focus to CentOS Stream」という記事が発表されました。

発表された内容で大事なところ
  • CentOSはCentOS Stream(CentOSとは別もの)になる
  • CentOS8が 2021/12/31に終了する
  • CentOS7のサポート終了日は変わらず2024/6/30まで(なので終了までに移行してね)

CentOSのサポート終了日

バージョンサポート終了
RHEL/CentOS 62020/11/30
RHEL/CentOS 72024/06/30
CentOS 82021/12/31
RHEL 82029/05/31

CloudLinuxって何よ?

というわけでCentOSのサポート終了が発表されたわけですが、Yahoo!ニュースで気になる記事が紹介されていました。

「CentOS」の開発元であるRed Hatが「『Red Hat Enterprise Linux』(RHEL)のリビルド版であるCentOS Linuxから、最新版のRHELの少し先を先行する『CentOS Stream』に重心を移す」と発表した際、多くのユーザーは抗議の声を上げた。その声を聞いたCloudLinuxはすぐさま、CentOSの代わりになるRHELクローンを開発する「Lenix」プロジェクトを立ち上げ、年間100万ドル(約1億400万円)以上を投資すると発表した。そして同社は米国時間1月12日、この代替OSの新名称「AlmaLinux」とともに、より具体的な計画を発表した。

 CloudLinuxが、RHELクローンを作り上げる上で必要となるノウハウを有しているのは間違いない。同社は、RHELとCentOSのコードをベースにして細かいチューニングを施し、「CloudLinux OS」として提供するという事業を手がけている。この法人向けLinuxディストリビューションは、マルチテナント型のウェブ/サーバーホスティング企業向けにカスタマイズされた高性能な軽量サーバーOSとなっている。

引用元:Yahoo!ニュース

ようは、CloudLinux社が頑張ってCentOSの代替となるOSをリリースすると~ってことです。

CloudLinuxってなによ?

あまり聞きなれない「CloudLinux」ですが、CentOSをベースにした「CloudLinux OS」の開発元になります。

共有ホスティングプロバイダ向けに提供しているようですね。

ざっと調べたところ、GMO社のクラウドVPSでも使っているようです。

まとめ

CentOSの代替OSとしてAlmaLinuxがリリースされる情報を書いていきました。

CentOS8が 2021/12/31に終了、CentOS7のサポート終了日は変わらず2024/6/30までサポートするとのことです。

CentOS7を使っている場合はまだ猶予期間がありますが、CentOS8を利用している場合は代替OSをを早急に検討する必要があるとのことです。

他にもCentOSプロジェクトの共同創設者であるGregory Kurtzer氏が
Rocky Linux」というOSをリリースするとも発表しています。

今後、どのOSが伸びてくるか注目していきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA